カテゴリー「旅行・地域」の記事

2012年8月20日 (月)

高野・龍神ツアー

高野龍神に行って来ました
Cimg4882
金剛三昧院の多宝塔。
しかし改装中・・・。

Cimg4895
金剛峯寺。
真言宗高野山派総本山。
お寺というより屋敷。

Cimg4913
こうやくん。
高野山の関係者一押し。

Cimg4921
壇上伽藍。
教科書でもよく見かける光景。
根本大塔はかなり大きいですね。

Cimg4924
奥の院への道。
空海が入定した地。
此処から先は聖地につき撮影禁止。
この先は各々方の目で。

Cimg4941
龍神温泉。
この向かって右奥の林の向こうに温泉街があります。
まさに秘境。

Cimg4971
一度行ってみたかった、ごまさんスカイタワー。
平家の落武者が昔ここで護摩焚きして自らの運命を占ったとか。

Cimg4980
スカイタワーからの眺め

Cimg4985
西国三十三箇所3番札所の粉河寺。
本堂の規模は三十三箇所のなかでも最大級。
絶対秘仏の本尊は地下に埋められてるらしいです。

高野山~龍神は完全に天界でした。
8月の気温じゃないですね。
大変行きにくい場所ですけど一度訪れてみるのをおすすめします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

素麺うまかった

こんばんにちは、ナ月です。先の日曜日、高速料金が元に戻る前にちょっと出かけてきました。

目指すは、播磨国一ノ宮の伊和神社。夕方から雨が強くなるという予報なので、朝から出発。山陽道の山陽姫路西ICを北上して宍粟(しそう)市へ。場所柄、高速で通過しても降りることはなかったのでワクワク。通ったことの無い道や地域は何もなくても、走っているだけで楽しいです。

まずは昼飯ということで、道の駅山崎にて休憩。ここは隣に揖保川が流れる道の駅。揖保川といえば素麺ということで、

Dscn1106

↑ので二人前。朝食抜いたので余裕っす。 さらに

Dscn1107_3

鹿肉入りコロッケを追加。本当はアーモンドトーストも食べたかったのですが自重。

さてお腹もこなれたので、目的地にゴー。

Dscn1108 到着。外回りからして結構広いです。境内の樹もすごく大きいです・・・。ちなみに真向かいに道の駅があってわかりやすいです。

Dscn1111

拝殿。小雨降るなかでも、まばらに人が居ました。

Dscn1113 鶴石。本殿の裏側にあるこの神社を立てる契機となったもの。写真うまくとれてなくてスイマセン。

で、一通り散策してもう一つの目的地、粒坐天照神社(いいぼにますあまてらすじんじゃ)にゴー。

ここは、伊和神社、海神社とともに播磨三大社の一つらしい。揖保の地名の語源となっているらしいのですが、自動車地図に載っておらず、場所もわかりにくいので不安に思っていました。

Dscn1114_3

住宅街の中に突然出現。思ってたよりずっと広いです。丘の斜面一帯全部敷地みたいで、山城のようなイメージです。あとやたら鳥居があったりします。

Dscn1115 たぶん本殿。ほかにも幾つも社殿があってどれが何だかわかりませんでした。社務所はあっても誰も居なかったし。祭りとかの行事のときは賑わうんだろうなぁ。

一回りしてたら雨が大分強くなってきたのでそそくさと退散。

帰宅後、家族に「揖保の素麺食べてきた」と話したら、「そこのスーパーで売ってるよww」と小馬鹿にされました。

素麺しか食えない体にしてやろうかっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

綺麗に撮れました

朱シオです。

夜景の資料が欲しかったので、以前、六甲山に行ったときは、カメラを落として大破させてしまいまったくうまく取れませんでした。

この連休で新カメラを導入してリベンジしてきました。

とっても綺麗に撮れました。

その一部をお見せします。

Cimg0315

六甲山の上からの撮影です。

カップルや家族連れが多かったです。

Cimg0370

とある謎の穴場での撮影です。

男二人組みと女二人組みしかいませんでした・・・。

とってもいい写真が撮れたので満足ですw

今度は秋の紅葉を取りたいですね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

ぶらり高原への旅 ~後編~

あらすじ、ナ月が蒜山に旅行に来ました。

前回、私が道の駅の案内板で見たものとは、日本一の石鳥居という文字。距離も車で5分ほどでこれは行かなければと思い早速Go!Go!

Dvc00041

すぐ到着。茅部(かやべ)神社の鳥居らしいです。

・・・確かにでかいが、他にも大きい鳥居を見たことあるせいか非常に微妙。どうやら多賀大社に対抗してつくったと案内板に書いてありました。

私としてはこの鳥居から神社への参道両脇に連なる桜並木が気になりました。春だったら相当見事なんだろうと想いをはせたりしました。

Dvc00043

境内入り口。周り誰もいません。案の定社務所らしきところにも誰も居ません。

Dvc00044

本殿内。入り口に7柱ぐらいの神様の名前がありました。多い。

Dvc00045

本殿隣の社殿内。足名椎命・手名椎命を祀ってあるみたいで、社殿内部には「足」という文字をレポート用紙一杯に書き込んで願掛けをしたものが大量に張られていました。

このとき本殿外見なり周りを写真に撮ってなかったことを後で気づきました。そしてこの裏手に「天の岩戸まで30分」という案内板を発見。この時点で3時過ぎだったので、時間体力共に余裕もあり、軽い気持ちで出発。

Dvc00046

小川が流れ舗装されている歩きやすい道でした。

Dvc00052

五分くらい歩いて上の写真の看板発見。見えないけどあと20分って書いてあります。これは、楽勝かな~とか思っていた時期が私にもありました。

Dvc00048

はぁはぁはぁ・・・・やばいきつい。けっこうきつめの角度で九十九折が続きました。

Dvc00050

20分後。展望台「臨空館」から見た風景。気持ちいいのぜっ!方角からして目の前に広がるのが蒜山ですね。

しかしここで問題が発生。天の岩戸はどこ?周りを見てもそれらしい岩が見当たらないのです。

Dvc00051

もしかしてこの先か?しかし明らかに先ほどの道とはレベルの違う急斜角&獣道。

しかし私は進むのです。そこに道があるから。

五分後・・・・

Dvc00049

ぜぇぜぇぜぇぜぇぜっぇ・・・・・・・。(やばいやばいやばいやばい・・・)

写真のブレはカメラを固定する力さえ無くなった証拠です。たかが五分で、汗で服がびしょびしょになり、足が震えだすという始末。

そしてこの約二分後、私足を滑らせて2メートルほど山を落ちました。幸い厚手のジーパンと下が腐葉土で無傷でしたが、蒜山山中で遭難してヘリで救出されるというあまりに不名誉な光景が頭をよぎりました。

そこからすぐ展望台に戻りましたがここでまた問題発生。携帯落としたwww

さっきこけたとき落としたでしょう。気づかない自分に絶望しつつ来た道をリターン。幸いすぐ見つかりましたけど、ちょっと涙がでそうでした。 あれかさっき神社で、宝くじ当たりますようにとか祈ったせいか?

その後は無事帰路に着けました。帰りの車中、山をなめるなッ!!という言葉が頭を占拠していました。

そして最後の一枚

Dvc00053

わーい しめくくりは 虹だー。なかなか充実した、一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

ぶらり高原への旅 ~前編~

こんばんにちは、ナ月です。今日は久々に、私一人で、ちょっくらドライブに行ってきました。

旅の目的は、少し前話題になった小惑星探査機「はやぶさ」が、一時不調になったときプロジェクトチームの責任者が、神頼みした神社があるというので、以前からいってみようと思ってた場所です。http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010061420531990/ ←詳細

朝11時に出発。場所が真庭市蒜山下和というところで、米子道を通って、12時半位に湯原I,Cで下りました。昼食を取ろうと思い、近くの道の駅「ひまわり館」というところで一服。ここには、ペットも入れる露天風呂がある非常にそそられるところでした。

Dvc00030

とろろご飯とミニ蕎麦と小鉢定食。とろろ旨い。蕎麦湯注ぎ放題というサービスが粋でした。

この道の駅から20分くらいで目的の中和神社(ちゅうかじんじゃ)に到着。

Dvc00031

この神社、小学校の敷地内に建っていました。鳥居と狛犬は最近建てたものみたい。

Dvc00033

本殿。この隣には稲荷の狐と、牛の像がありました。何の説明もなかったのですが、どうやら牛馬の守護する神様が祀られているようです。社務所のようなものが隣接していましたが無人でした。

Dvc00034

神社本殿前の杉?の木がなかなか見ごたえありました。

んで、目的を果たしたのだけれども、元来た道を帰るのも面白くないので、下りた湯原I,Cの次、蒜山I,Cから帰ることにしました。

道路地図を見てて、その帰り道に、日本名水百選の塩釜の冷泉というのが目に止まったので早速GO!

Dvc00035

途中の高原の様子。日は照っているけれど流石高原、風が涼しくて、車の窓を開けて走っていれば結構快適で気持ちよかったー。

そして到着。人なんていないと思ってたら、夏休みでもあって結構家族連れがいました。キャンプ場や釣堀が併設してありました。

Dvc00036

魚をつかみ取りできる川。ちなみにこの隣にはちゃんと竿で釣る釣堀もあります。しかもこの水その冷泉だから、きれいでかなり冷たくて気持ちよかったです。自販機の水くらい冷たかった。

Dvc00037

私は携帯のカメラで今回の写真は全部とっているのですが、いまいち逆光とかで私自身が、その場で巧く撮れたかどうか確認できてません。上の写真は冷泉の源泉・・・向かって左上の池がそうなんです。わかりにくすぎる・・・

ちなみにこの水は、近くのロッジ内の水汲み場で飲めます。柔らかい感じの水で、暑い中手ですくって飲むと格別でした。

リフレッシュして、帰り道を行くと、I,C前に道の駅「風の家」というのがありました。そこの斜め前にまさかのゆうかりんランドが出現してました。

Dvc00040

まさに夏。

ひとしきり楽しんだので帰ろうと思ったのですが、ここで私は案内板を見てあるものを発見してしまったのですが、長くなるので次回に続きます。

正直、ここまでは本当に楽しかった・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

夜の山は高いだけあって他界

朱シオです。

夜景の資料が必要になったので、ナ月さんを召喚して夜景スポットへ。

最終目的地、摩耶山・掬星台からの眺めは大変すばらしかったです。

資料の撮影や、カップルに屁をこいてやろうとか、これからどうやって生きて行こうかとか、そんなちんけな問題は一瞬に消え去り、私の脳内は、目の中にある圧倒的な光の世界だけを認識しているだけになりました。

思わず涙ぐんでしまいました、今年一番感動しました。

そんなわけで、皆さんも死ぬ前には一度でいいので夜の掬星台へ行ってみてください。

・・・

・・・・・

え?写真はですって?!

いろいろあったのですよいろいろ・・・。

夕方6時神戸集合。

8時にドールの新しい服を購入、14000円・・・。

9時ごろに、第一チェックポイントのヴィーナスブリッジのふもとに到着。

しかしそこからの道はなぜか閉鎖、車を降りて歩いていこうとしたら、怪しげな看板を発見。

その看板に書かれた内容によると、どうやらこの長雨により土砂崩れを起こしているとのこと。

立ち入り禁止になっているようでした。

でもせっかくなので、ふもとの公園にも夜景ポイントらしき場所で撮影してみることに。

この日のために購入した三脚を説明書を読まずに適当に使用開始。

案の定、うまく固定できないカメラ。

結果、カメラをポロリと落としてしまいました。

で、壊れてしまいました。

なかなか入らない電源、ズーム機能使用不可、突然デジカメの画面が真っ暗になる現象・・・。

何とか撮影はできそうなので、完全に動かなくなる前に、掬星台へ。

午前1時、掬星台の駐車場手前、渋滞でまったく動かなくなる。

そんなに人が混んでいるのかと思ったら、原因はまったく別でした。

なんと駐車場に入るには500円玉が必要だったのです。

1000円や100円玉×5ではダメなのです。

意外と持っていない500円玉、そのせいで渋滞が発生していました。

午後2時、予定より遅く六甲山山頂へ。

しかし道を間違えて、いつの間にか下ってしまいました。

夜の六甲山なめてました。

そしてドールの服を買ったのに、そのあとでカメラの故障・・・。

遠くへ行くのが趣味の私にとって、カメラは必要不可欠です。

ズーム機能が完全にイカレたのが痛いですね。

電気屋に持っていったら、修理は時間がかかり、前金1000円必要で、修理代もこの感じでは予想できない、と言われたので、修理は断念しました。

明日仕事行く前に買いに行こうと思います。

そんなカメラの最後のショットをご覧ください。

Cimg2933

掬星台からの眺め、ふつくしい。

もっとズームさせたバージョンも撮りたかった・・・。

Cimg2957

ドールと夜景。

デジカメで設定いじっていると動かなくなったりしてテンション↓

本当はもっと夜景とドールを撮りたかったのですが、今回は仕方ないです。

あと夜景と人物を撮るのは非常に難しいですね~。

六甲山の夜景は秋にでもリベンジしたいと思ってます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

新御三家は草タイプ一択

咲黒さまにてタペストリー予約中です。

Photo

どうぞよろしく、朱シオです。

 

先日、ある場所に行ってきました。

Isi

JR石山駅です。

ちょっと前には石山寺行きましたが、その時はここは利用しませんでした。

今回はこの石山駅からバスに乗って岩間寺こと正法寺へ行きました。

Iwa1

40分ほどで到着、西国三十三ヶ所の一箇所だけあって山奥にもかかわらず人がたくさんいました。

普段はバスはふもとまでしか行かないのです。

そこから三キロもの山道を登るとか、考えたくないですねw

この日は秘仏御開帳の土日だったので、上までバスが行ってくれました。

Iwa2

境内は新緑がきれいです。

奥の建物が本堂です。

さらに奥にはカツラの木のすごいものがあるのですが・・・。

バスの時間や夏コミ関連のブツが溜まっているので長居は出来なかったんです。

秘仏を長々と見ていたら時間になってしまい、境内の半分は回れませんでした。

Iwa3

本堂のすぐ隣にある池です。

皆さんご存知の池です。

古池や~といえばお分かりいただけるのではないでしょうか?

まさかここがあの古池だったとは・・・。

 

次は大阪にある総持寺へ。

Souji1

もちろん西国三十三ヶ所のひとつです。

先ほどの岩間寺もそうでしたが、ぼけふうじとしても有名です。

あと包丁塚という珍しいものもありました。

有名な包丁の流派と関係がある寺のようです。

Souji2

境内はすごくきれいです。

建て替え中って感じでした。

向かって左奥の本堂は古いままでしたが・・・。

Souji3

寺務所らしき建物です。

寺っぽくないですねw

Souji4

庭園もきれいです。

とにかく本堂など一部を除いてすごく新しい感じでした。

5月末まで秘仏御開帳中なので、機会があれば是非どうぞw

 

ちなみに、岩間寺のほうは総持寺と違い、すでに御開帳は終わっています。

次に開く予定は今のところありません・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

GW2010まとめみたいなの続き

朱シオですー。

前回の続きです。

 

・5月3日 

Photo

ここは・・・そう彦根城!

続きを読む "GW2010まとめみたいなの続き"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

GW2010まとめみたいな

朱シオです。

6_2

紅楼夢の申し込みをすっかり忘れていました。

先ほど済ませたので、受かれば出ます~。

 

ところで皆様は、GWはいかがお過ごしになりましたか?

私は以下のような感じでした。

無駄に長いです、そして事実を羅列しただけでおもしろくないかもしれませんが、ご了承ください。

続きを読む "GW2010まとめみたいな"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

旅の中身は朱シオさんが書くと思うので

こんばんにちは、ナ月です。 GWどう過ごしましたか?私は久々外に出て、渋滞すら楽しかったです。基本運転することは嫌いじゃないので。

ただ、今回ちょっとしたアクシデントで目的に着いたのが、私一人で五時間半くらい運転して、AM2時前という状況。

さて泊まるとこをどうしようかという問題が浮上してきて、マンガ喫茶かカラオケかなぁと思っていたのですが、風呂に入りたい&ベットで寝たい その欲望が抑えきれなくなっていて、ふと深夜にもかかわらず、煌びやかなネオンが目についたのです。

そうファッションホテル(ラブホ)の光が。

男一人で大丈夫か?という不安があったものの、パネル選択式で「これなら人に会わなくていいなぁ」と考えつつ、やり方わかんねぇ・・・と思っていたら、横の小窓から、おばちゃんがでて、「兄ちゃん一人か?」と言われ簡単な説明と案内を受けました。

んで、これが室内です。

Dvc00021

Dvc00022_2

やばい、きれいだし広い・・・

Dvc

風呂が広い上にトイレが別とな!?

そりゃ人が二人入るんだから当然だよね。

しかし、今まで泊まってきたビジネスホテルより数段上のグレードで、これでお値段6200円とは驚きです。これからは、ラブホという選択肢もありだと思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)